画塾との違いは?

美術予備校と画塾は、どちらも絵を教える場所。そのため「美大受験のためには画塾に通って…」と認識している方も多いのですが、実は美大予備校と画塾には決定的な違いがあり、現代では「美術予備校のほうが確実」といわれています。それは何故なのでしょうか?

美術予備校とは少し違う、画塾とは?

  画塾 美術予備校
学校のスタイル 画家が主催する任意の私塾 学校法人などで運営
美大の入試対策に特化
教える内容 画家により異なる、主に1分野 美大の受験科にあわせた複数分野のカリキュラム
指導方法 画家が指導する、もしくは仲間内で教えあう場合も 受験に精通した美大や芸大出身の講師が多く在籍し、専攻ごとの講師から多角的に指導を受けられる
学科対策 なし あり

上の比較表を見ていただくとわかるとおり、画塾=絵画教室であり、講師となる画家1名で運営している場合がほとんど。専門分野はしっかり見てもらえますが、それ以外の分野に対応することは難しいですし、デッサンの良し悪しも美大入試レベルで判定できているかはわかりません。あくまでも、絵を楽しんで描くところが画塾です。

一方、美術予備校は美大入試対策に特化しており、試験に出そうなポイントや注意点を指摘しながら、基礎力を底上げしてくれるので、受験に勝てるレベルまでその人の造形の基礎力を引き上げて伸ばしてくれます。また、美大入試に必要な学科試験の対策もきちんと行われており、実技制作の合間に英語・国語の授業を受けたり、少テストがあったり…と、美大受験対策に抜けがなく受験勉強ができます。

また画塾の場合は「受験分野に適した画塾+一般入試対策の予備校」に通わなければならず、それぞれが別々に課題を出してきます。かなり忙しい受験生活を送ることは目に見えていますね。

その点、美術予備校では当然ながら通うところは1つだけ。美術の課題と学科はうまくバランスが取れるように配分されているので、気持ちに余裕を持った受験生活となるでしょう。また、生徒数が多い予備校では高いレベルの作品を見ることもでき、ライバルとも切磋琢磨し、時には励まし合える環境で実力を伸ばすことができます。

さて、美大合格を目指すならどちらが近道か…もう、お分かりですよね。優れたカリキュラム・指導内容の美術予備校を選んで、憧れの美大への道を自分の力で切り開きましょう!

あなたの合格をサポートできる おすすめの美術予備校を徹底比較 さっそくCHECK
美大にいくには??マンガでわかる受験&合格への道 詳しくみる