美術予備校の厳選比較ガイド HOME » 目標大学をチェック!美大・芸大の受験情報まとめ

目標大学をチェック!美大・芸大の受験情報まとめ

志望大学を考える際、参考になるのが偏差値などによる大学ランキング。美大や芸大にももちろん、このランキングは存在します。やはりレベルが高いほど入試も厳しく、入学後も質の高い授業を受けることができますので、志望校決定の参考にしてみてください。

美大・芸大の実力ランキング

美大を目指すなら、やはり誰もが憧れるのが「東京芸大」。ですが、芸大は美大界では最高レベルと称されるほど入学が難しいことでも知られています。ここを目指す受験生も多く、学生の憧れ度は非常に強いかもしれません。

その下には多摩美、ムサビが位置します。しかし、近年は有名な私大であっても科によっては定員が1倍を切るところもあります。実力のないまま美大に入学すると、授業についていけず苦労すること必至です。大学を選ぶときもしっかりと見極める必要がありそうです。

各地の公立大学もレベルが高く、多くの学生が合格を目指して頑張っています。

近年はデザイン・メディア系学部の改編・新設が相次いだため、もしかしたらランキングにはやや変動があるかもしれませんが…以下のランキングを参考にしていただければ、大体の合格難易度がお分かりいただけるかと思います。

難易度 国公立 私立
S 東京藝術大学
A 愛知県立芸術大学
金沢美術工芸大学
B 京都市立芸術大学 武蔵野美術大学
筑波大学 芸術専門学群 多摩美術大学
京都工芸繊維大学
広島市立大学 芸術学部
C 沖縄県立芸術大学 東京造形大学
東京学芸大学 教育学部 日本大学 芸術学部(美術・デザイン)
女子美術大学

※受験者数÷合格者数をもとにランク付けを行っています。

その他の大学

今回当サイトで取り上げた上記の大学以外にも、建築系などの大学もあります。

  • 横浜国立大学 理工学部・教育人間科学部
  • 千葉大学 工学部デザイン学科・建築学科
  • 首都大学東京 システムデザイン学科
  • 早稲田大学 創造理工学部(建築)

一般入試の世界ではかなりレベルの高い学芸大や筑波大などの名前もありますが、あまりランキングは高くないのが面白いところ。これらの大学はやはり学力のほうが大きく評価され、実技はそこまで高いレベルを要求されないため、低ランクに位置しています。やはり、美大入試の世界は実技力が全てなんですね。

大学はランクよりも「希望する専攻」や「教わりたい教員」などの要素で選ぶべきではありますが、やはり高いランクの大学ではその道で活躍するプロが多数在籍し、ハイレベルな授業が行われています。第一志望がなかなか決めきれない場合は、より上のランクの大学を目指してみてはいかがでしょうか。

美大ニュース

東京藝大学費増額?

1.授業料改定の時期・内容

2019年度以降の学士課程および大学別科入学者、2020年度以降の大学院課程(修士課程・博士後期課程)入学者に係る授業料を、現行の年額535,800円から20%(107,160円)引き上げ、年額642,960円とします。
 これによる収入は、本学が世界の一流芸術大学と伍して行くための教育研究の高度化や、トップアーティスト育成の中核をなす「実技指導」の重点強化等に充当し、学生たちに還元します。
 ※ 2018年度以前に入学した学士課程および大学別科の学生、2019年度までに入学した大学院課程の学生については、当該課程に在学している期間は、2019年度以降も現在の授業料のままです。

2.学生の経済的支援の充実

本授業料の引き上げにより教育の機会均等の確保が損なわれないよう、大学の自己収入などの財源を用いて、次の手当てを講じます。
① 引き上げ額を含めた授業料の減免の実施
② 経済的な理由で修学困難な学生に対する「修学支援奨学金(給付型)」を新設

引用元:東京藝術大学
https://www.geidai.ac.jp/news/2018102671472.html

適用は、2019年4月の入学者と2020年4月の大学院進学者が対象のようです。学費増額は、主に世界進出を視野に入れたより高度な学問追求のため、海外の第一線で活躍する芸術家を誘致することなどに充てられる、前向きな改定のようです。

藝大の大学入試概要とコースの内容を見る>>

美大にいくには??マンガでわかる受験&合格への道 詳しくみる
あなたの合格をサポートできる おすすめの美術予備校を徹底比較 さっそくCHECK
美大にいくには??マンガでわかる受験&合格への道 詳しくみる あなたの合格をサポートできる おすすめの美術予備校を徹底比較 さっそくCHECK