HOME » 目標大学をチェック!美大・芸大の受験情報まとめ » 美大・芸大の試験内容とは?

美大・芸大の試験内容とは?

美大・芸大を目指す過程で重要視されるのが、実技試験。これから美術予備校を検討しようと考えている方にとっては、実技試験自体も未知の領域ですよね。どんな場所で、どんなスタイルで、どんな試験が出るのか…?謎だらけの実技試験を少しだけ覗いてみましょう。

芸大の実技試験はこんな感じでした!

東京芸大を受験するためには、まずセンター試験を突破しなければなりませんが…ここは、そんなに重要なポイントではありません。なぜなら、「センターによる足切りはほぼ皆無」だから(※ 筑波や学芸などは学力重視ですのでご注意を)。勝負は2月末から3月上旬に行われる「前期試験」です。

芸大は後期試験がなく前期試験のみしか行いません。また、願書は1つの専攻科にしか提出できませんので、完全一発勝負となります…!

そして、試験日程は複数日にわたる長期戦。学科試験はありませんが、専攻科によっては、1日目・2日目にデッサンを、3日目・4日目に実技…それぞれ1日6時間程度の試験時間を設けているため、4日間ひたすらに課題に集中しなければなりません。
とはいえ6時間ずっと同じ部屋にこもりっぱなし…というわけではなく、課題を仕上げることさえできれば時間の使い方は自由。なので、トイレ休憩や昼休みは好きな時間にとることができます。時間をフルに使ってじっくり仕上げる人、試験開始直後からフラフラ外に出て行く人などそれぞれのペースで課題を仕上げます。

東京芸術大学 実技試験の内容(2016年度)

絵画科 日本画専攻

一次

「鉛筆素描:ヘルメス」
2日間:12時間(昼休憩別途あり)

二次 「着彩写生:ローズマリー1本を持った両手、菩提樹の実1個を持った両手の2ポーズを想定して描く」
2日間:11時間(昼休憩別途あり)

絵画科 油絵専攻

一次 「素描:石膏像、色紙、みかんの中から1つ選び、鏡と組み合わせて描く」
1日間 5時間
二次 「校内の風景をスケッチし、室内の球体と組み合わせて描く」
■ ただし試験室以外でのスケッチは2日目まで
3日間:18時間

彫刻科

一次 素描:「石膏像 聖ゲオルギウス」
1日間:6時間
二次

素描:「空間」
1日間:3時間

彫刻:「鳩モチーフの彫刻1点」
1日間:6時間

工芸科

一次

「素描:石膏像マルス」
1日間:7時間(昼休憩含む)

二次

平面表現:「一色ベタ塗りした1辺32cmの正方形と、3つのモチーフを用いて色彩構成する」
■ モチーフ:紫キャベツ、麦穂、プラコップ
1日間 6時間(昼休憩含む)

立体表現:「水のイメージとトマトを粘土板上に立体表現する」
1日間:6時間(昼休憩含む)

デザイン科

一次 構成デッサン:「お面、ひもと自分の手を自由に構成して描く」
石膏デッサン:「パジャント」
1日間 7時間(昼休憩含む) どちらかを選択
二次

デザインI色彩:「色彩:あなたが考えるコンビニエンスストアのイメージを条件下で色彩構成する」
■ モチーフ:バナナ、カロリーメイト
■ モチーフ以外に思いついた要素は自由に含めてOK
■ 製作意図を40字以内で記載し作品に添付
1日間 6時間(昼休憩含む)

デザインⅡ形体:「形体(粘土):プロペラもしくはスクリューのあるものをデザインする」
■ 物体だけでなく、動く様子や周囲に与える影響も表現する
1日間:6時間(昼休憩含む)

 

合格したら貰える「芸大合格袋」

芸大では一次は2月下旬、二次は3月上旬となるため、国公立大学前期試験の発表の中では一番遅い発表となります。ちなみに、大学の合格証書は個別で申請し、手続きをしないと交付されないため、ほとんどの学生が持っていません。

その代わりに合格を証明するのが「芸大合格袋」です。美大予備校に掲載されている写真で桜色の紙袋を手にした学生が写っていたら、確実に芸大合格者ですね。袋には「芸大合格」というハンコがドカンと押してあります。この中には新入生歓迎会のお知らせや学校生活のしおりが入っているんですよ。

この袋を受け取れば、春から晴れて芸大生です。
入試は造形力に加えて体力も必要となるためかなり厳しいものになりますが、憧れの芸大目指して頑張りましょう!

あなたの合格をサポートできる おすすめの美術予備校を徹底比較 さっそくCHECK
美大にいくには??マンガでわかる受験&合格への道 詳しくみる