東京学芸大学 教育学部

東京学芸大学は、あらゆる教育の現場で活躍する人材を排出してきた大学であり、美術系ならば小学校~高校の教師になれる課程と、より美大に近しい内容を教えてくれる課程があります。どちらにせよ、センター試験ではそれなりの得点が必要です。

美術を通して教育に携わりたい方にオススメ

東京学芸大は古くから多数の学校教育者を育ててきた大学であり、現在も幼稚園から高校まで、幅広い教育の現場で教えられる人材を育成しています。

1988年には教員免許の取得が必須ではない「教養系」という課程が誕生し、教育分野にとどまらず多方面で活躍する方が出てきています。

A類では主に小学校図画工作の内容や特性を理解し、子どもの表現意欲を高めるために何をすべきかを学び、制作やワークショップで子ども達と関わっていきます。

B類では美術教育の幅広さ、専門分野の奥深さを学び、専門工具類の使い方を習得したり、絵画・彫刻・デザインなどの実技も実施します。

対してE類では演劇、映像、音楽、美術、パフォーマンスアートなど、比較的美大の講義内容に近いものが行われています。学生が希望すれば表現活動や教育の現場に参加でき、早いうちから美術関連の職業について経験を積むことも可能です。

ただし、もちろん学芸大ですから学問のベースは単に美術を突き詰めるのではなく、「教育の場」を支援すること。そのため、美術だけでなく教育やコミュニケーション、企画制作等にも興味がある方向けの学部と言えそうです。

入学試験は実技がありますが、一般の美大入試とはやや実技の傾向が異なることがあるので学校の傾向をしっかり把握している美術予備校などに相談してみてください。最適なコースを勧めてくれると思います。

主なコース

美術科(洋画研究室)

学芸大学の洋画研究室では、絵画材料の特徴や使い方だけでなく、洋画に関する幅広い歴史を学べます。技法、造形理論、美術史、教育史を知ることで、幅広い表現をインプット。

また、独自の企画展示やワークショップ、各種美術コンクールといった出品を推奨することで、授業時間外の制作を行なうことも可能です。創造力や多様な思考はアイデンティティーを形成するため、学びながら一人ひとりの人間力を高められます。教育学部なので、教えるための実践力も身につけられますよ。

美術科(日本画研究室)

日本画研究室は、日本画のスキルや知識の習得を目指せる場所です。さまざまな美術分野の基礎を固めることで、それぞれの制作へと取り組んでいきます。

学外の学習では、展覧会開催や教育実習などを実施。自身の作品を見つめ、広い視野で美術と向き合い、知識・技術の向上を図っていくようです。

一人ひとりが描いた作品を集大成として終わるのではなく、これからの人生の糧として歩んでいけるように指導してくれます。

美術科(木材工芸研究室)

木材工芸研究室では、木のカトラリーといった小さなものから、オブジェや家具などの大きなものまで幅広い作品づくりを行なっています。木材の魅力をふんだんに活かせられるのが醍醐味です。

また、木の素材を教育現場でどう活かすかを考え、ボランティアやワークショップ、小学校での授業などさまざまな活動に取り組みます。教育実習では、工芸の要素を指導案に取り入れるなど、学んだ知識を活かせるのが特徴です。深く木と教育に向き合った研究室と言えるでしょう。

美術科(金属工芸研究室)

金属工芸研究室では、鍛金・彫金を中心とした作品制作に取り組んでいきます。授業課題や自由制作を通し、素材や制作のプロセスから表現の可能性を探ります。

また、生命科学分野と連携して毎年ワークショップを実施。実際の現場で幅広く知識と技術が学べるのも特徴です。工作・工芸教育に携わる知識とスキルを習得し、学校教員またはその他連携機関でも活躍できる学生の育成を目指している学科です。

美術科(彫刻研究室)

学芸大学の彫刻研究室は、塑像室、木彫室、石彫室の3つの分野があります。各部屋ごとに担当の教員が指導。人体具象彫刻から抽象的な作品まで、幅広く作品の制作をしていきます。自由制作以外にも、授業内製作やモデル授業など、それぞれの部屋の分野を超えて彫刻の制作、創作を磨いていきます。

年に一度開催される展示会や公募展への出品の他に、学生個人による展示会の開催も活発に行なわれています。

美術科(グラフィックデザイン研究室)

グラフィックデザイン研究室では、幅広く社会で活躍できるように研究と制作に務めています。メインは編集ソフトを使用した制作。ポスターやチラシなどのモノのデザインだけでなく、相手にどんな情報を伝えたいのか、どんなプロジェクトにしたいのかを意識した学びが受けられます。

地域のプロジェクトにも多く関わりを持っているグラフィックデザイン研究室。実践的なデザインを経験することで、個々の持つデザインの可能性を広げていきます。

美術科(環境プロダクトデザイン研究室)

環境プロダクト研究室では、建築を専門とする鉄矢悦朗教授から指導を受けられます。当たり前だと感じている「人とのコミュニケーション」や生活を、建築や家具デザインを通じて一緒に考えていくのが特徴。学外ではさまざまなイベントに参加し、教授のアシスタントやボランティア活動を行ないます。

また、学生自らが企画・主催者として実践的な活動を行なえるのも特徴です。学内では体験できない学びと、視野を広げられるチャンスが多くあります。

取得可能資格

教員免許、司書、学校図書館司書教諭、学芸員、小学校教諭一種(初等美術専修のみ)

卒業生の主な進路先

東京学芸大学の教育学部でデザインを学んだ方の多くは、実際に教員になって学生の頃から得意だった美術を通して教育に携わっています。その割合は、教育学部を卒業して就職した数の約半数です。他に、も塾や通信講座などのような教育・学習を支援する企業で勤務している方もいます。また、教育学部からの就職数は少ないのですが、大学で身につけたデザイン力を活かすために印刷業や機械器具の製造業などに就職している方も。卒業生全体の10%の方は、大学を卒業した後大学院へ進学しています。

募集要項

平成28年度の入試概要

検定料:17,000円

  募集定員 志願者数 受験者数 合格者数 倍率
A類初等教育教員養成課程
初等美術専修前期
15 16 16 16 1
B類中等教育教員養成課程
中等美術専修前期
15 36 34 17 2
E類教育支援課程
表現教育コース前期
15 41 40 18 2.2

入試科目

大学入試センター 必須科目 選択科目
A類初等教育教員養成課程
初等美術専修前期
国語、外国語から各教科200点
数学、理科2科目から各教科100点
地理・歴史、公民から1科目
各教科100点
合計700点
B類中等教育教員養成課程
中等美術専修前期
国語、外国語から各教科200点 地理・歴史、公民、数学、理科から3科目各教科100点
合計700点
E類教育支援課程
表現教育コース前期
国語300点
数学200点
外国語500点
地理・歴史、公民、理科から
3科目各教科100点
合計1300点
個別学力試験 科目
A類初等教育教員養成課程
初等美術専修前期
実技のみ(図工・美術実技+プレゼンテーション)
B類中等教育教員養成課程
中等美術専修前期
【必須】面接
【選択】実技(デッサン)、小論文
E類教育支援課程
表現教育コース前期
小論文

学校所在地

東京都小金井市貫井北町4-1-1(JR国分寺駅より徒歩20分、JR武蔵小金井駅よりバス乗車、学芸大正門もしくは学芸大東門バス停よりすぐ)

あなたの合格をサポートできる おすすめの美術予備校を徹底比較 さっそくCHECK
美大にいくには??マンガでわかる受験&合格への道 詳しくみる