金沢美術工芸大学

金沢美術工芸大学は、それぞれの専門分野を1年次からじっくり学べるスタイルであり、既にやりたい事が決まっている学生に人気が高い学校です。自分の選択分野を突き詰めるだけでなく、専攻の枠を超えた授業も豊富なので、様々な美術・デザインを幅広く学び、たくさんのことを吸収できます。

伝統工芸品が多い金沢でデザインを学ぶ

金沢美術工芸大学は、平成28年11月で開学70周年を迎える歴史ある学校。

金沢は「加賀友禅」「金沢九谷焼」「金沢箔」「金沢漆器」「加賀繍」など、日本古来から伝わる伝統工芸品が数多くあるため、デザイン・工芸を学ぶ場所として非常に優れた資料がたくさん揃っています。

一般的な美大は、入学してすぐは総合デザインを学び、2~3年次にそれぞれの希望する方面に分かれて学びますが、金沢美大では初めから専攻を決定して学ぶため、より深い知識と経験が身につきます。

また、加工機や3Dプリンタ、写真スタジオなどの設備も充実しており、学生は作品作りのためにこれらの設備を好きなだけ使う事ができるとあって、創作意欲の高い学生がとても多く集まっています。

そのため、デザイン科の就職率の高さは全国的にも有名で、大手広告会社に内定する学生も毎年出ています。

一方美術学科は自然が多い中でのんびりと自分の作品を仕上げている方が多く、目的を持って楽しめる方向けです。就職率は高いとは言いがたい数値なので、美術系での就職を目指すのであれば自力で相応の努力が必要になります。

著名な卒業生

喜多村徹雄(作家)、齋江貴志(美術家)、諏訪綾子(フードアーティスト)、鹿田淳史(彫刻科)、鴨居玲(洋画家)、井上直久(画家・イラストレーター・漫画家) など

取得可能資格

教員免許(美術工芸)、学芸員

募集要項

平成28年度の入試概要

検定料:17,000円

  募集定員 志願者数 受験者数 最終合格者数 倍率
美術科(日本画専攻) 15 105 81 17 7.0
美術科(油画専攻) 25 147 111 30 5.9
美術科(彫刻専攻) 15 66 62 18 4.4
美術科(芸術学専攻) 10 39 31 11 3.9
デザイン科
(視覚デザイン専攻)
18 239 192 19 13.3
デザイン科
(製品デザイン専攻)
18 111 89 19 6.2
デザイン科
(環境デザイン専攻)
18 59 49 19 3.3
工芸科 20 141 114 23 7.1

入試科目

大学入試センター 必須科目 選択科目
美術科(芸術学以外)
デザイン科
工芸科
国語、外国語
各教科200点
地歴・公民、理科から1教科
各教科200点
合計600点
美術科(芸術学) 国語、外国語
各教科400点
地歴・公民、理科から1教科
各教科400点
合計1200点
個別学力試験 内容
美術科(日本画専攻) 実技(鉛筆写生、着彩写生)、面接
美術科(油画専攻) 実技(木炭素描or鉛筆素描、油彩orアクリル)、面接
美術科(彫刻専攻) 実技(木炭素描or鉛筆素描、塑造・スケッチ)、面接
美術科(芸術学) 【選択】小論文、実技(鉛筆素描)
デザイン科
(視覚デザイン)
実技(鉛筆デッサン、色彩構成・作品説明による面接)
デザイン科
(製品デザイン)
実技(鉛筆デッサン、製品デザイン・作品説明による面接)
デザイン科
(環境デザイン)
実技(鉛筆デッサン、構成デザイン・作品説明による面接)
工芸科 実技(鉛筆デッサン、色彩表現)

学校所在地

石川県金沢市小立野5-11-1(JR北陸本線金沢駅からバス乗車、小立野バス停より徒歩8分)

あなたの合格をサポートできる おすすめの美術予備校を徹底比較 さっそくCHECK
美大にいくには??マンガでわかる受験&合格への道 詳しくみる