桑沢デザイン研究所

    桑沢デザイン研究所は、国内のデザイン教育のトップレベルを行く専門学校。既に卒業生は2万人を超え、世界的なデザイナーとして活躍している人も少なくありません。2015年度の有効求人倍率は9.6倍と非常に高く、業界でも桑沢卒業生には注目が集まっています。

    バウハウス思想を継承したデザイン教育機関であり、多くの著名人を輩出

    桑沢デザイン研究所は、日本で1954年(昭和29年)に設立されたデザイン学校。創設者である桑沢洋子氏はこの学校を立ち上げたのちに、東京造形大学を立ち上げています。小手先の技ではなく、独創性や応用力を引き出すためのデザインの基礎をじっくりと学び、専門学校としては一般より1年長い「3年間」で応用・実践まで習得していきます。

    学科は1年次は共通の基礎を学び、2年次から以下の4つに分かれます。

    • ビジュアルデザイン:タイポグラフィ、パッケージ、コンピュータスキルの基礎など
    • プロダクトデザイン:製図、スケッチ、モデリングなど
    • スペースデザイン:家具、インテリア、住宅に関わる製図や模型制作、CADなど
    • ファッションデザイン:兵メイン作図や立体裁断、縫製テクニックなど

    入学時には特に専攻は決まっていないので、1年次に学びながら進みたい方向を決めてもOKです。

    また、将来グローバルに活躍するために「英会話」の授業があったり、自由選択授業では大学のような美術史や文化研究、より具体的な表現技法やマーケティングなど、多方面の学びを提供しています。大学のように一般教養科目などはないので、3年間みっちりデザインに漬かって過ごす事もできます。

    今ご紹介したのは3年制の昼間部ですが、そのほかに夜間部デザイン専攻(2年制)、基礎造形専攻(1年制)などもあり、社会人やWスクールでも学べる環境が整っています。デザイン系の学部を夢見たけれど諦めてしまった方…桑沢ならまだまだチャンスがあります!もう一度、学校に通ってみませんか?

    著名な卒業生

    今沢哲男(アニメーション演出家・監督)、稲川淳二(タレント、工業デザイナー)、安斎肇(イラストレーター、タレント)、うるまでるび(アニメーション、キャラクター作家)、五味太郎(絵本作家)、倉俣史郎(インテリアデザイナー) など

    募集要項

    平成31年度の入試概要

    検定料:30,000円

    応募者数 合格者数 倍率
    総合デザイン科
    自己推薦(AO)
    93 65 1.43
    総合デザイン科
    自己推薦
    60 21 2.86
    総合デザイン科
    一般入試A日程
    158 66 2.39
    総合デザイン科
    一般入試B日程
    81 10 8.10

    ※ 自己推薦(AO)は高3生、自己推薦は高卒生や大学生・社会人向けの選考となっています。

    入試科目

    個別学力試験 科目
    総合デザイン科
    自己推薦(AO)
    自己PR(ポートフォリオ含む)、面接
    総合デザイン科
    自己推薦
    自己PR(ポートフォリオ含む)、面接
    ※ 願書に課題レポートを含む
    総合デザイン科
    一般入試A日程
    学科(一般常識)、実技(静物デッサン、色彩構成、創造表現
    より1科目)
    総合デザイン科
    一般入試B日程
    実技(静物デッサン、色彩構成より1科目)、面接

    学校所在地

    東京都渋谷区神南1-4-17 (JR山手線 渋谷駅より徒歩12分、原宿駅より徒歩9分)

美大にいくには??マンガでわかる受験&合格への道 詳しくみる
あなたの合格をサポートできる おすすめの美術予備校を徹底比較 さっそくCHECK
美大にいくには??マンガでわかる受験&合格への道 詳しくみる あなたの合格をサポートできる おすすめの美術予備校を徹底比較 さっそくCHECK
美大にいくには??マンガでわかる受験&合格への道 詳しくみる