京都市立芸術大学

京都市立芸術大学は、たくさんの美しい工芸品や文化財を身近に感じる古都で美術を学ぶことができる貴重な場。学生をしっかりと気にかけてくれる指導をしてくれる数少ない美大で、講師にしっかりと技術や知識を教わりながら作品の質を高めることができます。

アカデミックな美術の学習ができる場所

京都市立芸術大学は京都市民の強力な後押しにより開校された学校であり、京都の伝統文化だけでなく新しい文化にも柔軟に対応する古き良き学び舎。

過去には国立大学になる話もありましたが、市民の後押しと寄付により現在も市立として存続しています。

一般的に美大の指導は「自由」なことが多く、創作意欲のある学生は思いっきり打ち込むし、そうでない学生はただなんとなく過ごしてしまう…というところが多い中、京都市立芸術大学はしっかりと生徒に指導してくれるスタイルで「面倒見の良い大学」として評判です。

学外からやってくる先生(その分野で仕事をしている方ばかりなので刺激をかなり受けられます)も多く、個性的で面白い授業をいくつも実施。

また、アートに関することばかりでなく哲学や数学的な授業など、一般教養もしっかりと学びます。

難点としては、施設の老朽化が目立ち交通アクセスも非常に悪いところ。

しかし現在移転計画が進んでおり、2020年度には施設の一部がJR京都駅から約200mという非常にアクセスの良いエリアに移転、2023年度には全面移転が予定されているため、在学中に真新しいキャンパスに踏み入れるチャンスがあるかもしれません。

ユニークな過去問でも注目!

2010年の美術科入試の2日目「色彩」では、雑誌とアスパラガスを水彩絵具で描け、というものだったのですが…与えられた雑誌がなんと、週間少年ジャンプ。下書きは認められないため、一発でジャンプの表紙を正確に描かなければならない…という超高難度のものでした。

また、同年の最終日「立体」では美術予備校ではなかなか使われない素材(パイプのような太いストロー)やテープなどを用いたもので、美大予備校では全く想定外の課題となりました。

学校側が芸大予備校対策をしてきているため、学校で習うことに凝り固まると失敗する恐れがある、入試難易度の高い学校です。

著名な卒業生

ワダ・エミ(演劇映画衣装デザイナー)、森口邦彦(染色家)、村山明(木工芸家)、森村泰昌(現代美術科)、外尾悦郎(サグラダファミリア彫刻師) など

取得可能資格

教員免許(美術)、学芸員

募集要項

平成28年度の入試概要

検定料:17,000円

  募集定員 志願者数 受験者数 最終合格者数 倍率
美術科 70 225 224 70 3.2
デザイン科 30 161 158 31 5.2
工芸科 30 97 97 30 3.2
総合芸術学科 5 11 11 5 2.2

入試科目

大学入試センター 必須科目 選択科目
美術科
工芸科
- 国語、地歴・公民、外国語からそれぞれ1科目づつ
数学から1科目もしくは理科
から2科目
合計600点を500点に換算
デザイン科 - 国語、地歴・公民、数学、
外国語からそれぞれ1科目づつ
理科から1科目もしくは2科目
合計700点
総合芸術学科 - 国語、数学、外国語からそれぞれ1科目づつ
地歴・公民、理科から1科目
もしくは2科目
合計600点
個別学力試験 内容
美術科
工芸科
デザイン科
実技(鉛筆描写、色彩表現、立体表現)
総合芸術学科 小論文、実技(鉛筆描写)

学校所在地

京都市西京区大枝沓掛町13-6(JR各線京都駅からバス乗車、芸大前バス停より徒歩すぐ)

あなたの合格をサポートできる おすすめの美術予備校を徹底比較 さっそくCHECK
美大にいくには??マンガでわかる受験&合格への道 詳しくみる