美術予備校の厳選比較ガイド HOME » 目標大学をチェック!美大・芸大の受験情報まとめ » 日本大学 芸術学部(美術学科・デザイン学科)

日本大学 芸術学部(美術学科・デザイン学科)

日本大学芸術学部といえば、映画や舞台演劇を連想しますが…美術学科・デザイン学科もそれらの学部と同等の歴史を持ち、多くの著名人が卒業しています。また、枠は非常に狭いですが実技のいらない受験方式もあるので、チャレンジ精神だけで合格できる可能性もあります。

映画や舞台のイメージが強く、美術・デザインは意外と穴場

日本大学芸術学部(通称:日芸)は、多くの俳優さんや映画監督の母校としても知られる学校であり、現在も映像作品作りや舞台演劇を夢見る学生達が数多く入学を希望しています。そのため映像や監督、演技コースなどは軒並み10倍を超える倍率となっているのですが…実は、美術学部・デザイン学部は意外と倍率が低く、入学しやすい穴場なのです。

また、一般的には芸術系大学は実技を要求されるものですが、「N方式」という日大の統一入学試験を受ける場合はなんと学科のみ。熱い情熱と資質があり、学力が基準を満たしていれば入学できるとのこと…しかし、N方式で募集する学生の数は美術(絵画・彫刻)で2名というかなり狭き門なので、確実さを求めるならばA方式を選ぶほうが良さそうです。

美術学科はそれぞれ機材が豊富なアトリエで4年間じっくりと作品作りに打ち込みます。デザイン学科は1年次にそれぞれの適性を知り、アーキテクチャー(建築含む)・スペース・プロダクト・インダストリアル・インタラクション・メディア・グラフィックの領域に分かれて専門分野を学びます。少人数制で専任の教員がじっくりと見てくれるので、4年間でクリエーターとして大きく成長する事ができますよ。

受験のチャンスも2月から3月まで複数回あるため、確実に現役で美大への切符をつかみたい方にはかなりオススメです。

主なコース

美術学科(絵画コース)

4年間じっくりと絵画を学んでいく絵画コース。1・2年次では、デッサンや油彩で人体を描くための基礎を固めます。色や形、コンポジション、絵画空間の考え方といったカリキュラムで構成。3年次になると、基礎を踏まえながらより専門的なスキルの習得を目指します。知識の向上や表現力などを磨けるのが特徴です。

4年次では、これまでの学びをもとに卒業制作を実施。4年間で培ったスキルを発揮させる場なので、自分が表現したいものを自由に形にできます。

美術学科(版画コース)

柔軟性のある人材の育成と表現方法の習得を目指す版画コース。デッサンやドローイング、色彩のイメージを表現することを学び、専門的な版画制作を通じて表現の可能性を広げられます。

1年次では人物モデルを使った実習が中心です。自画像や静物、風景などのデッサンといった課題を反復し、描くための基礎を磨いていきます。2年次に上がると、基礎的な内容を発展させた課題を行ない、3年次以降は専門的なスキルの習得に励みます。校外授業では、紙すき実習や美術館見学などがありますので、優れた作品に触れることで刺激を受けながら版画の表現方法を学べます。

美術学科(彫刻コース)

日芸の彫刻コースでは、ものを見る力・造る力を育成。彫刻の視座を持つことで、時代に流されない基盤を身につけていきます。授業では自然観察やモデル実習、実在実習(木、石、鉄)など、彫刻の基礎を修得。その後、個々が持つ自由な発想で自主制作へと進みます。

4年間で各々の感性や表現力、造形の考察を深め、創造的な個性を追求していく日芸。のびのびと自分の感性を磨けるので、充実した学びを受けることができるでしょう。

デザイン科

広告やポスター、グラフィックサービス、家具、住宅などあらゆるジャンルのデザインを総合的に学べるデザイン学科。幅広い知識と専門性を持ったデザイナーを育成できるように、さまざまな知識と技術を学んでいきます。1年次では、デザインの基礎知識の修得に専念。2年次以降は、自らが選択した専門科目を中心に、自由に学びながらデザイン手法を学びます。

日芸のデザイン科が目指すものは、社会に貢献できるデザインの可能性です。さまざまな社会からのニーズに対して臨機応変な対応ができるよう、デザイン力を伸ばしていきます。

映画学科

映画学科では、芸術創造と情報伝達の両面から研究を行っていきます。

1年次では映像表現・理論、撮影・録音、演技、監督の4つのコースから選択。それぞれの目的に合ったオリジナルのカリキュラムを学びます。映画の歴史や演出、編集など映画に関することを深く学べるのが魅力です。一人ひとりが高い専門知識とスキルを身につけることで、業界のスペシャリストとして活躍できるように指導してくれます。

写真学科

写真を撮ることが好きな人におすすめなのが写真学科です。ただ写真を撮る技術を習得するのではなく、さまざまな芸術的教養と知識を身につけた写真家の育成を目指す学科。

授業では、広告写真や報道写真などの撮り方を学ぶ写真表現や、デジタル写真と画像処理の知識を学ぶ画像処理など幅広い講義を用意。展覧会やイベントなどの作品を発表する場も設けているので、自分の作品を多くの人に見てもらえます。

音楽学科

音楽学科では幅広い視野と豊かな教養を学び、じっくりと専門知識を身につけていきます。コースは作曲・理論、音楽教育、声楽、ピアノ、弦・管打楽、情報音楽の6つです。授業では教授と学生のふれあいを最も大切にしているため、個別指導を行っています。音楽家としての基礎を学んだり、コースごとの専門教育を受けたりできるのが魅力です。

また、オペラやピアノコンサート、定期演奏会の機会を設けているので、同じ志を目指す仲間と一緒に音楽を楽しむことができますよ。

著名な卒業生

青山剛昌(漫画家)、安西水丸(イラストレーター、エッセイスト)、飯田竜太(現代美術作家)、秋山具義(アートディレクター)、荒井良二(イラストレーター、絵本作家)、曽田正人(漫画家) など

取得可能資格

教員免許、学芸員
デザイン学科のみ : 2級建築士受験資格、1級建築士受験資格(卒業後2年以上の実務が必要)

卒業生の主な進路先

日芸には、写真学科・映画学科・美術学科・デザイン学科など、さまざまな学科があります。写真学科を卒業した方は、(株)朝日新聞出版や(株)フォトワークスと言った出版会社へ就職。映画学科の卒業生は、(株)A-1 Picturesや(株)松竹映像センターなど、アニメ制作会社や映画制作会社で働いている方がいます。美術学科卒業生は、(株)ユナイテッドアローズと言ったアパレルに勤めているようです。デザイン学科を卒業した方は、マツダ(株)やカシオ計算機(株)などの自動車・電子機器の製造会社で働いています。

日芸には就職支援が充実しているので、就職活動の時に利用してみると良いでしょう。

募集要項

平成30年度の入試概要

検定料:35,000円

募集定員 志願者数 受験者数 合格者数 倍率
美術学科 AO入試 28 60 55 24 2.3
美術学科 A方式
絵画コース 第1期
 28 8 7 5 1.4
美術学科 A方式
彫刻コース 第1期
9 9 9 1.0
 デザイン学科 A方式
第1期
30 75 74 45 1.6
美術学科 A方式
絵画コース 第2期
 5 7 6 5 1.4
美術学科 A方式
彫刻コース 第2期
2 1 1 2.0
デザイン学科 A方式
第2期
8 36 26 8 4.5

入試科目

個別学力試験 科目
美術学科 A方式 国語、外国語、実技(デッサン)、面接
デザイン学科 A方式 国語、外国語、実技(デッサン、プレゼンテーション)、面接
美術学科 N方式 【選択】国語、地理・歴史、公民、数学、理科、外国語より2科目

※ A方式:外国語、国語と各コース専門試験で判断する方法 N方式:日本大学の統一入学試験で、実技試験は不要

学校所在地

江古田キャンパス 3.4年次

東京都練馬区旭丘2-42-1
(西武池袋線 江古田駅より徒歩1分)

所沢キャンパス 1.2年次 埼玉県所沢市中富南4-21
(西武新宿線 航空公園駅からバス乗車、
大学正門前バス停よりすぐ)
美大にいくには??マンガでわかる受験&合格への道 詳しくみる
あなたの合格をサポートできる おすすめの美術予備校を徹底比較 さっそくCHECK
美大にいくには??マンガでわかる受験&合格への道 詳しくみる あなたの合格をサポートできる おすすめの美術予備校を徹底比較 さっそくCHECK