岡山県立大学

全く新しい「モノ」を生み出すクリエイターを目指す

岡山県立大学のデザイン学部では、「デザイン工学科」あるいは「造形デザイン学科」を専攻できます。それぞれの領域で専門知識を学び、デザイン能力やコミュニケーション能力、マネジメント能力を修得。地域社会と世界に貢献できるクリエイターを目指します。

主なコース

デザイン学部(デザイン工学科)

デザイン工学科は、「製品・情報デザイン領域」と「建築・都市デザイン領域」の2つの領域で構成されています。2年次へ進級する際に、自身の希望によってどちらかの領域を選択。1年次にデザイナーや建築家など、各業界で活躍する講師を招いての授業や講演が実施されています。

卒業後はプロダクトデザイナーをはじめ、家電・家具デザイナー、建築家、カーデザイナー、グラフィックデザイナー、ゲームデザイナー、都市環境デザイナー、インテリアデザイナーなどの領域で、人々の生活環境や地域へ貢献するデザイナーとして活躍できます。

デザイン学部(造形デザイン学科)

造形デザイン学科は、「ビジュアルデザイン領域」と「造形デザイン領域」で構成されています。2年次にいずれかを選択。より専門的な知識を学んでいきます。

ビジュアルデザイン領域では、グラフィック、CG、映像、写真、Webなどの分野を融合させた総合的なビジュアルデザインを探求。造形デザイン領域では、印刷、陶磁、木工、染織などの技術を学び、独自性のあるものづくりに取り組みます。

卒業後はアートディレクターを始め、映像ディレクター、プランナー、グラフィックデザイナー、CGデザイナー、Webデザイナー、ゲームデザイナー、映像クリエイター、玩具・文具デザイナー、テキスタイルデザイナーなどの幅広い領域で活躍できます。

岡山県立大学の講師陣

  • 村木 克爾
  • 塚本 カナエ
  • ブルネリ アンソニー
  • 益岡 了
  • 三原 鉄平
  • 舩山 俊克
  • 尾崎 洋
  • 上田 篤嗣
  • 林 秀紀
  • 中原 嘉之
  • 福濱 嘉宏
  • 岩本 弘光
  • 向山 徹
  • 津田 勢太
  • 西川 博美
  • 河合 大介
  • 朴 貞淑
  • 畠 和宏 ほか

取得可能資格

  • 一級建築士試験受験資格(要実務経験)
  • 二級建築士試験受験資格
  • 木造建築士試験受験資格

募集要項

平成30年度の入試概要

募集定員 志願者数 倍率
デザイン学部
(デザイン工学科)
30 86 2.9
デザイン学部
(造形デザイン学科)
38 102 2.7

入試科目

個別学力試験 科目
デザイン工学科・造形デザイン学科 実技(鉛筆デッサン)

学校所在地

岡山県総社市窪木111

JR桃太郎線「服部駅」から徒歩5分

岡山県立大学の過去問再現作品

岡山県立大学の過去問再現作品の画像01

引用元:岡山県立大学
(https://www.dgn.oka-pu.ac.jp/dgn/dept_aes/pastquestions/index.html)

封筒を斜めに置いて付箋紙のパックで高さを出し、埃取りローラーを立てかけることで、立体的な構図に。封筒の細かい書き込み文字や陰影、フィルムへの映り込みなどが丁寧に描かれています。質感や空間が巧みに表現された作品です。

岡山県立大学の過去問再現作品の画像02

引用元:岡山県立大学
(https://www.dgn.oka-pu.ac.jp/dgn/dept_aes/pastquestions/index.html)

ローラーの持ち手部分を付箋に渡し、下に封筒を敷いた構図。ローラーの持ち手が、封筒や付箋のフィルムに影を落としている様が、うまく表現されています。モチーフの重量もさることながら、色彩さえ感じられるデッサンです。ローラーの金属部分の質感表現が秀逸。

岡山県立大学の過去問再現作品の画像03

引用元:引用元:岡山県立大学
(https://www.dgn.oka-pu.ac.jp/dgn/dept_aes/pastquestions/index.html)

タオルをたぐり寄せてひだを作り、その上にセロテープとトングを配置。セロテープを横向きに置いたことで、トングに続く光の反射ラインがきれいに出ています。トングの金属の質感表現も、陰影と抜きの技を駆使して丁寧に表現。タオルの質感を表現するために、鉛筆の線を重ねるタッチで陰影がつけられています。

岡山県立大学の過去問再現作品の画像04

引用元:岡山県立大学
(https://www.dgn.oka-pu.ac.jp/dgn/dept_aes/pastquestions/index.html)

デッサンでは空きがちになる、手前の空間に重厚感を持たせることで、どっしりと落ち着いた印象の作品に仕上がっています。質感と重量、色彩表現まで、モチーフを一つひとつじっくり観察した様子が伝わってきます。細部まで注意し、丁寧に描き込まれた作品です。

岡山県立大学の過去問考察

入試選抜では、デザイン工学分野、造形デザイン分野、それぞれに必要な構成力、観察力、描写力を総合的に評価されます。モチーフの質感や色彩が正確に描かれているか、魅力的な構図が選択できているか、正確な空間が描写されているか、モチーフのプロポーションは正確に捉えられているかなどがポイントとなります。

美大にいくには??マンガでわかる受験&合格への道 詳しくみる
あなたの合格をサポートできる おすすめの美術予備校を徹底比較 さっそくCHECK
美大にいくには??マンガでわかる受験&合格への道 詳しくみる あなたの合格をサポートできる おすすめの美術予備校を徹底比較 さっそくCHECK
美大にいくには??マンガでわかる受験&合格への道 詳しくみる