札幌大谷大学芸術学部

札幌大谷大学芸術学部では、学内に留まらず学外の活動も活発に行われています。さまざまな経験を積むことで、実践的な力を養える学部です。

卒業後の進路サポートが充実

札幌大谷大学芸術学部・美術学科には、8つの専攻が設けられています。基礎から応用まで学び、それぞれの専門領域を探究できるでしょう。

小学校や中学校での鑑賞授業や、移動美術館、大掛かりなワークショップを学生が自ら手がける活動「オオタニアートキャラバン」を実施。児童との触れ合いを通して、実践的な学びを得られます。

卒業後は4年間の学びを通して、アーティストや教員などそれぞれの道へ進めるように、講師陣のネットワークやインターンシップなどのサポート体制も充実しています。

主なコース

油彩専攻(造形表現領域)

1~2年次では、絵画の基本表現を学びながら、造形に必要な技術と描く楽しさを磨きます。3年次ではテーマに沿った表現方法を追求し、応用力を養成。基本の造形力を土台に、自分のイメージを作品に落とし込むための、構成力や発想力、表現力を鍛えます。

日本画専攻(造形表現領域)

古典模写や古典技法などの授業を通して、日本の伝統技法や画材を学びます。植物から和紙を作り出す「紙漉き実習」や、石から岩絵の具を作る実習なども学ぶことが可能です。4年間を通して日本画のさまざまな技法を修得し、自分にしかできない表現を見出すことを目指します。

版画専攻(造形表現領域)

版画の面白さは、制作途中では完成した作品がイメージできないこと。用いる版画の種類や技法によって、さまざまな表現ができる領域です。シルクスクリーン・銅版画・リトグラフ・木版画などの技法を学び、それぞれを組み合わせた表現方法も身につけます。

立体専攻(造形表現領域)

粘土や石膏、木、金属などを用いた制作を通して、立体の基礎と技術を身につけます。長時間に及ぶ制作で、忍耐力や確かな表現力、感性などを磨き、新たな表現方法を探究。造形の基礎授業では、チェーンソーやノミを使って、丸太からイメージを浮き彫りにしていきます。制作の中で道具の使い方も自分のものにしていきます。

写真・映像・メディアアート専攻(メディア表現領域)

物撮りや特殊撮影、テザー撮影などの写真・映像表現の技術を修得します。画像とは何か、映像とは何かを追求し、これまでにない新しい視点での表現を目指すための専攻です。

グラフィック・イラスト専攻(メディア表現領域)

デザイナーとして活躍するための表現方法や技術力、提案力などのベースを身につけます。3年時には「広告表現」と「伝達表現」に分け、それぞれ商品パッケージや編集デザインなどの表現・技術の修得を目指します。

情報・プロダクトデザイン専攻(メディア表現領域)

人と物、人と人との関係を踏まえながら、「使いやすさ」や「分かりやすさ」といった形を生み出すことを学びます。道具の使い方やフィールドワークなどを通して、課題やデザイン提案につなげていく力を養えるでしょう。

ファッション・デジタルファブリケーション専攻(メディア表現領域)

デジタルツールや新しい素材を使って、物づくりやデザインを修得します。プログラミングやWebデザインなどの技術も身につけられます。音楽学科と共同で行う「舞台美術」と「映像制作」の演習を通して、総合的な芸術の創出を目指します。

札幌大谷大学芸術学部の講師陣

  • 平向 功一
  • 川口 浩
  • 今 義典
  • 下濱 晶子
  • 鈴木 誠子
  • 藤本 和彦
  • 堀 じゅん子
  • 松隈 康夫
  • 松村 繁
  • 山川 真一 ほか

卒業生の主な進路先

就職先一覧

  • 株式会社トップ・クリエーション
  • ダイアモンドヘッド株式会社
  • 株式会社北海道アズマシィ
  • 株式会社草薙
  • 東洋印刷株式会社
  • トランスコスモス株式会社
  • 株式会社六本木スタジオ
  • 北海道高等学校教員
  • 長谷川産業株式会社
  • DCMホーマック株式会社

募集要項

令和3年度の入試概要

一般入試検定料:30,000円

募集定員 志願者数 倍率
美術学科 14 - -

入試科目

個別学力試験 科目
美術学科 実技(鉛筆デッサン)(200点)

学校所在地

札幌市東区北16条東9-1-1

東豊線「東区役所前」駅下車 2・3番出口から徒歩7分

東豊線「環状通東」駅下車 1番出口から徒歩7分

美大にいくには??マンガでわかる受験&合格への道 詳しくみる
あなたの合格をサポートできる おすすめの美術予備校を徹底比較 さっそくCHECK
美大にいくには??マンガでわかる受験&合格への道 詳しくみる あなたの合格をサポートできる おすすめの美術予備校を徹底比較 さっそくCHECK
美大にいくには??マンガでわかる受験&合格への道 詳しくみる
       

関連ページ一覧