筑波大学 芸術専門学群

筑波大学の芸術専門学群は、芸術系の大学としては珍しく実技よりも学力に比重が置かれています。発想力や表現力だけでなく、それを具体化させる技術力を持ち合わせたクリエーターの育成を目指しており、卒業後は芸術分野の指導的役割を担うポジションに収まる方が多いです。

美術学部ながら、入学には画力よりも学力が必要

国内でも有数の国立総合大学である筑波大学には、美術やデザインについて学ぶ「芸術専門学群」という分野が設置されています。

ここの特徴はなんといっても「美術系ながら学力が非常に重視される」こと。センター試験はほぼフル受験で、8割程度は得点しなければなりません。

ただし二次試験では学力試験はなく実技一本勝負ですが、美大受験の業界では「受験で要求される実技のレベルが低い」とも言われています。学力面に自信がある人ならば、センター試験対策を徹底すれば合格が見えてくるでしょう。

専攻は4つですが、中では複数のコースに分かれており、様々な領域のアート・デザインを学ぶことができます。

中でも面白いのは「書」。絵画などは多々ありますが、美術系の観点から書道を学べる大学というのは他に例がありません(一般的には文学部系に分類され、文化や歴史などを学ぶことが多い)。

また、芸術による社会貢献を目指す「芸術支援」という分野も珍しいですね。なお、1・2年次は特に専攻を定めず3年次から各分野に分かれていくので、入学時はやりたい分野が決まっていなくても大丈夫です。

ただし、美術の実技レベルはあまり高くなく、私立や公立の上位と比べると明らかにグレードが落ちる…とのことで、画力を要求される分野ではあまり大学の評価は高くありません。

ですがデザイン系の分野では着想力、プレゼンテーション能力、工学的知識などの分野で優位に立てるため、美的センスと学力の両方が要求されるような分野ではかなり評価されているようです。

著名な卒業生

茂木一司(美術科、教育学舎) など

取得可能資格

教員免許(美術工芸)、学校図書館司書教諭、学芸員、

建築デザイン領域のみ:2級建築士受験資格、1級建築士受験資格(卒業後2年以上の実務が必要)

卒業生の主な進路先

筑波大学芸術専門学群の卒業生は、主にデザイナーやプランナーとして活躍しています。就職先はゲームや玩具を製作するカプコン・コナミデジタルエンタテインメント・セガ・タイトー・タカラトミーなどです。家具や文具を作るINAXやゼブラ、カリモク家具などの大手企業にも就職している方も。他にも東芝やキャノン、スズキなどの電気機器・自動車などのメーカーに就職した卒業生や、大学の教員として働いている方もいます また、卒業後は就職以外の選択肢として、筑波大学大学院芸術専攻や東京毛術大学大学院へ進学する方も少なくありません。

募集要項

平成30年度の入試概要

検定料:17,000円

  募集定員 志願者数 受験者数 合格者数 倍率
芸術学専攻
美術専攻
構成専攻
デザイン専攻
(前期)
45 123 記載なし 記載なし 2.7
芸術学専攻
美術専攻
構成専攻
デザイン専攻
(後期)
15 167 記載なし 記載なし 11.1

入試科目

大学入試センター 必須科目 選択科目
前期 国語、外国語から各教科200点
数学、理科から各教科100点
地歴・公民から1科目100点
合計700点
後期 国語、外国語から各教科200点 地歴・公民、数学、理科から
1科目100点
合計500点
個別学力試験 内容
前期後期 実技

学校所在地

茨城県つくば市天王台1-1-1(つくばエクスプレス、つくば駅から徒歩7分)

あなたの合格をサポートできる おすすめの美術予備校を徹底比較 さっそくCHECK
美大にいくには??マンガでわかる受験&合格への道 詳しくみる