三重から通える美大と美術予備校

三重県内の美術大学や美大受験対策ができる美術予備校をご紹介します。

三重から通える美大とは?

三重県内で美術を学べる大学は、「三重大学」です。美大ではありませんが、教育学部 学校教育教員養成課程 美術教育コースで絵画やデザイン・工芸などを学べます。

三重大学では、1年生から美術に関する制作技術や理論・歴史について学習。1・2年生の間は「絵画(洋画・日本画など)」「彫刻」「デザイン」など様々な分野の基礎をまんべんなく学んでいきます。そして3年生になってからは分野を絞って、興味のある芸術分野について専門的に探求していきます。

三重大学を卒業後は、美術教諭としての道はもちろん、デザイナーなどの道も拓けます。

県外も視野に入れた場合、三重近郊では「愛知県立芸術大学」もあります。美術学部は、絵画や彫刻・美術学を学べる美術科とデザインや陶磁を学べるデザイン・工芸科の2学科6専攻の中から学習。個人指導をメインにしながらも各学科の特色も踏まえて、美術のスペシャリストとして必要なデザイン力や表現力の育成を図っています。

目標大学をチェック!美大・芸大の受験情報まとめ

三重から美大合格を目指すには?

美大の入試では国語・英語などの学科試験だけではなく実技対策も重要です。デッサンや構成表現などの課題を作成するスキルを磨くためには、専門の指導を受けられる美術予備校へ通うのが、「王道」の美大受験対策。

今回紹介した大学では特にデッサン力が問われることが多いようです。難関であればあるほど、合格するためには美術予備校で志望校に合わせた技術や絵画スキルを身に付ける必要があります。

現役合格率が高い美術予備校は?

三重の美術予備校

四日市美術学院 笹川アトリエ

県立高校の美術教師として38年勤務した講師による指導が受けられます。コースは「受験生・高校生向け」と「一般向け」の2種類。一人ひとりに合わせた個別指導が、笹川アトリエの強みです。公式サイトで紹介されている過去の合格実績には、ムサビやタマビ、東京造形大学など五美大の名前も。卒業者の進路には、トヨタや日産など大手の名前が並びます。丁寧な指導によって、幅広い可能性の種まきをしてくれる美術予備校です。

住所 三重県四日市市笹川七丁目49-4
設置科 ■受験生・高校生向け
■一般向け

もとまち芸術予備校

受験を控えた高校3年生・高卒生向けの「大学受験科(アートコース・デザインコース)」、美大や美術系高校を目指す中学生や高校1・2年生向けの「基礎科(キソカコース・ジュニアコース)」の2種類のコースを設けています。

生徒のレベルや学年・目標に合わせて受講可能。大学受験科にはどちらにも「昼間部」「夜間部」が設置されています。

各コースにアトリエが割り振られていますが、コースの枠を超えた「合同授業」、屋外でのスケッチを楽しむ「野外製作」など、様々な刺激を受けられるユニークなイベントも開催されている学校です。授業中の制作は真剣そのものですが、様々な刺激を受けながら楽しく通えるでしょう。

住所 三重県四日市市元町2-11
設置科 ■大学受験科 デザインコース(高3・高卒生向け)
■大学受験科 アートコース(高3・高卒生向け)
■基礎科 キソカコース(高1・2向け)
■基礎科 ジュニアコース(中学生向け)

明修美術造形学院

美大受験生や教育課程の大学生など、幅広い生徒へ美術・ものづくりの楽しさや奥深さを伝えている美術予備校です。

入試に合わせたきめ細やかな指導が受けられます。美大や美術系高校を目指す中学生向けの授業、保育士・小学校教諭・医療福祉で美術を活かしたい人・美大編入などを目指す人向けの「専攻科」もあります。

住所 三重県伊勢市八日市場町5-15
設置科 ■美大受験科
■芸術文化科
■専攻科
美大にいくには??マンガでわかる受験&合格への道 詳しくみる
あなたの合格をサポートできる おすすめの美術予備校を徹底比較 さっそくCHECK
美大にいくには??マンガでわかる受験&合格への道 詳しくみる あなたの合格をサポートできる おすすめの美術予備校を徹底比較 さっそくCHECK
美大にいくには??マンガでわかる受験&合格への道 詳しくみる
       

関連ページ一覧