東京武蔵野美術学院

東京武蔵野美術学院(通称:ムサ院)は、私立美大の中でも工芸・デザイン分野に強い美大予備校。授業は実技を軸としつつ学科もしっかりフォロー。それぞれの担任が手厚くサポートしていくことで、全員合格を目指しています。特別講義も多く、常に新しい刺激のある環境です。

全員の合格を目指し、実技+学科の総合力を高める

東京武蔵野美術学院
引用元:東京武蔵野美術学院
http://www.musain.co.jp/

東京武蔵野美術学院は、私立美大合格を目指す方向けの美大予備校。2016年度はムサビ117名、多摩美74名、東京造形大31名と、私大の有名所へ多数の合格者を輩出しました。中でも特にデザイン工芸系の受験に強く、視覚伝達デザイン・グラフィックデザイン、工業デザイン、環境デザイン、空間演出デザイン…などの学部の合格率がかなり高くなっています。

指導の方向性としては、全員合格を目指すべく「生徒一人ひとりの個性を生かす指導」をしています。また、最新の入試出題傾向を分析して要点をきちんと抑えるなど、個性だけでなく合格に結びつく知識もきちんと伝授してくれるため、よりピンポイントに響く絵が仕上がります。

また、学科の講師は実技クラスの副担任になっているので、どちらか片方ばかりに注力するということはなく、総合力がきちんと身につくように指導しています。学科は美大の出題傾向だけを徹底分析し、ムダを省いたスタイルですから、各大学ごとの傾向が出る私大入試で実力を発揮できるんですね。

主なコースと学費

入学金:30,000円

コース 授業日程 費用(税込)
油絵科
日本画科
デザイン・工芸科
彫刻科
(夜間部のみ)
建築専攻
(土日のみ)
昼間部
月~土(36時間/週)
635,000円
夜間部
月~土(18時間/週)
425,000円
土日(12時間/週) 245,000円
映像メディア
表現科
土日(9時間/週) 220,000円
 受験デッサン科 週4日(12時間/週)★ 245,000円
 学科ゼミナール 最大週3日★ 英語・国語対策 110,000円
英語対策 80,000円
国語対策 45,000円
小論文対策 50,000円
 基礎科(高1・2)

週4日(12時間/週)★

290,000円

※ ★がついているコースは週1回から受講が可能です。

ここで紹介した以外にもコースの選択肢があります。詳細は東京武蔵野美術学院のホームページをご確認ください。

卒業生・在校生の声

吹き出し講評で作品が並べられると、自分には作れない色・形がずらりと並び、本当に魅力的で刺激を受けました。その中で自分の絵を好きになったり嫌いになったり、足りないものは何か…など、この1年間は常に頭をフル回転させていました。こんなに自分としっかり向き合ったのは初めてです。

吹き出しムサ院で学ぶことにウキウキしていた反面、上手くできずに落ちこぼれ自分の殻に閉じこもっていたこともありました。チャンスを掴みかけたある時、全力でサポートしてくれた先生の気持ちに答えたい一心で本番に臨みました。「全員が合格すると思って、試験前日まで接するよ」という言葉は、嬉しくもありプレッシャーでしたが、私の背中をぐっと押してくれました。

吹き出しムサ院は先生と生徒の距離が近いので、実力の伸びを確認しながら具体的な指導をしてもらえました。普段の授業ももちろんですが、やはり私が一番思い入れがあるのが、9月の大作週間に仕上げた絵。納得行くまで描き込むことで自分の物差しがかなり磨かれ、入試でも臆することなく自分の絵を描くことができました。

東京武蔵野美術学院 所在地

アクセス 東京都国分寺市本町2-4-10
(JR中央線 国分寺駅より徒歩3分)
設置科 ■ デザイン・工芸科
■ 油絵科
■ 日本画科
■ 彫刻科
■ 映像メディア表現科
■ 建築専攻
■ 土日受験科
■ 受験デッサン科
■ 学科ゼミナール
■ 通信教育
-----
■ 基礎科コース(高1・2)
■ 中学生コース
あなたの合格をサポートできる おすすめの美術予備校を徹底比較 さっそくCHECK
美大にいくには??マンガでわかる受験&合格への道 詳しくみる