HOME » 美大に行くには?マンガでわかる受験&合格への道 » 美大ではどんなことを学べるの?

美大ではどんなことを学べるの?

美大は絵や彫刻を学ぶところ、と考えている方も多いですが、その他にも、デザインや建築、布地や伝統工芸など、アートが関係するあらゆるものの製法や技術を学ぶ事ができる場所。時代の変遷に合わせて学部やカリキュラムが増える事もあります。

美大に設置されている主な学科・専攻

美大・芸大には美術やデザインに関する様々な学部が設置されています。主に以下のような分野に分けられる事が多く、美術系の学部はだいたい下記のような専攻・コースが設置されています。デザイン系は学校によってかなり名称や履修内容に差があるため、自分が将来何を作りたいのか、をきちんと考えてから学部を選ぶようにしましょう。

また、学部によっては複数の分野を跨ぐような講義を受けたり、意外な分野を研究している研究室があるので、入学後は一つの分野に凝り固まらず、幅広く様々な美術・芸術に触れて視野を広げておくと、新たな発見に出会えるかもしれません。

美術系の学部

日本画 岩絵具、紙、筆、墨など日本伝統の素材や技法を学び、表現します。伝統の継承だけでなく、新たな表現を生み出し創造性を伸ばします。
油絵 油絵具でキャンパスに描く、という既存の方法はもちろん、立体、映像、パフォーマンスなどジャンルを超えて造形力や思考力を鍛えます。
版画 木、銅、アルミなどの版を使って多彩な表現を生み出します。日本古来の浮世絵から現代アートまで、表現の幅を広げていきます。
彫刻 石、金属、木、土、FRPなど身の回りのあらゆるものを加工し、表現する技術を会得していきます。
工芸 陶、ガラス、金属などの素材を加工し表現する技法を学びます。地域に根付く日本古来の伝統工芸品を学んだり、継承者育成も行います。
建築 建物を設計するだけの技術者はどこでも育成できますが、美大ではより美的価値の高い建物を設計・デザインできる建築家を育成します。
先端芸術表現 絵画、写真、映像などの美術領域に加え、身体、音楽、コンピューターなど様々な表現の基礎を学び、最先端のクリエーターを育成します。
芸術学 実技を通して表現技法や素材への認識を高め、展覧会やメディア企画などの実践を通して美術・芸術を世界に発信する人材を育成します。

デザイン系の学部

グラフィックデザイン デザインを通して情報を「伝える力」を身につけた人材を育成する。造形力・描写力の育成、写真やコンピューターの利用なども学びます。
プロダクトデザイン 人々の生活を支えるあらゆる商品・パッケージをデザインする分野。機能や形、生産・製造の知識など多くの観点を学ぶ必要があります。
テキスタイルデザイン テキスタイルとは布地のこと。日本に根付く手業の染色技法から、デジタルテクノロジーを駆使した表現まで、布に関して幅広く学びます。
環境デザイン インテリア、住宅、店舗、公園、都市など、人間が暮らす空間全体を設計・デザインします。建築より大きな視野で物事を考えていきます。
情報デザイン 生活の中にあふれる無数の情報を的確に伝えるため、CGや映像などのメディア制作、プログラミング、ウェブデザインなどを学びます。
視覚伝達デザイン 人に思いを伝えるため、感性を磨き、視覚、聴覚、触覚、味覚、嗅覚を駆使して様々な形でメッセージを伝える力を身につける学部です。

これらに加え、近年「COOLJAPAN」が注目されているといった背景から、アニメーションやマンガを題材に学ぶ学問を設置している大学も増えてきました。今後も、日本のコンテンツの成長に合わせて美大芸大には様々な学部が誕生していくことでしょう。

あなたの合格をサポートできる おすすめの美術予備校を徹底比較 さっそくCHECK
美大にいくには??マンガでわかる受験&合格への道 詳しくみる