美大からの就職先って?

美大で学んだ後はどのような仕事に就く方が多いのでしょうか?就職率があまり高くないという話も聞きますが、実際のところは?美大は目標ですが、人生においてはまだまだ通過点。大切なのはその先です。ここでは美大生の未来の姿について、お伝えします。

美大生の就職先はバラエティ豊か

美大でそれぞれ自分の好きな分野を思いっきり学んだ後は、それを仕事にしていきたいと考える方も多いでしょう。デザイン系学部ではやはりその傾向が強く、多くの学生はデザイナー職を志して就活をする方がやはり多いです。
では美術系学部はどうなのか?というと…そのまま絵を描き続けてプロの芸術家を目指す方もいますし、デザイナーとして就職する方もいます。学校の先生や学芸員になる方もいますし、一般企業へ行く方もいます。

20~30年前までは卒業後はほとんどの方がフリーランス・アーティスト・教員という選択しでしたから、現在はかなり職業の幅が広がっているともいえますね。また、美術家系の就職試験には実技を課しているところや中にはデッサンの試験をする会社も。やはり、企業側も基礎力のある人材を求めているようです。

ちなみに、美大・芸大からの主な就職先はこんな感じ。

放送メディア・
ネットコンテンツ
NHK/日本テレビ放送網/TBSテレビ/フジテレビジョン/テレビ朝日/テレビ東京/WOWOW/劇団四季/スタジオジブリ/東宝映像美術/ロボット/IMAGICA/松竹/コナミ/セガ/バンダイナムコエンターテイメント/任天堂/カプコン/レベルファイブ/コロプラ/サイバーエージェント/カヤック/グリー/ヤフー/ディー・エヌ・エー/チームラボ/Cygames/ミクシィ/ニフティ/朝日新聞社/あとらす二十一/コロプラ/新日本コンピュータマネジメント/タイムアウト東京/テクノビッツ/デジタルトランスコミュニケーションズ/日立ソリューションズ・ネクサス/メディカル・データ・ビジョン/リバークレインヴェルト/すずまる/テレビ神奈川/ビデオハンズ/Fox インターナショナル・チャンネルズ/フォーミュレーションI.T.S/ボンズ
広告 電通/博報堂/東北新社/電通テック/博報堂プロダクツ/C.C.レマン/アマナホールディングス/エフアンドエスクリエイションズ/ティー・ワイ・オー/ハット
印刷・出版 大日本印刷/凸版印刷/東京書籍/光村図書出版/KADOKAWA/生活の友社/学研ホールディングス/講談社/集英社/マガジンハウス/大空出版/加藤文明社/美術出版社/水上印刷
デザイン・アパレル カイカイキキ/大貫デザイン/吉岡徳仁デザイン事務所/ビームス/ユナイテッドアローズ/トゥモローランド/ユニクロ/ジーユー/ローラアシュレイジャパン/イッセイミヤケ/ヨーガンレール/コム・デ・ギャルソン/ニューヨーカー/チチカカ/京都きもの友禅/川島織物/小倉人形/ワコール/トリンプ・インターナショナル・ジャパン/ミキモト/エフ・ディー・シー・プロダクツ/ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク/コンバースジャパン/卑弥呼/アシックス/ミズノ/クロスカンパニー
その他企業 ソニー/東芝/日立製作所/シャープ/三陽電機/NEC/京セラ/LGエレクトロニクスジャパン/キャノン/ニコン/パナソニック/富士フィルム/パイオニア/セイコーホールディングス/リコー/オリンパス/シチズン時計/カシオ計算機/トヨタ自動車/本田技術研究所/日産自動車/スズキ/日野自動車/いすゞ自動車/三菱自動車工業/マツダ/ダイハツ工業/富士重工業/安藤忠雄建築研究所/隈研吾建築都市設計事務所/清水建設/大東建託/住友林業/鹿島建設/積水ハウス/三菱地所設計/トヨタホーム/ミサワホーム/サンゲツ/乃村工藝社/木下工務店/丹青社/オリエンタルランド/富士急ハイランド/イケア・ジャパン/大塚家具/イデー/YKK AP/コクヨ/パイロットコーポレーション/三菱鉛筆/スリーエム・ジャパン/白鳳堂/TOTO/ヤマハ/花王/ライオン/資生堂/ポーラ/カネボウ化粧品/シュウ・ウエムラ化粧品/サントリーホールディングス/キリンビバレッジ/アサヒ飲料/味の素/日清食品/明治製菓/ヤマザキナビスコ/三幸製菓/ファンケル/クリナップ/サンゲツ/フジモデル/平和/アパホテル/イケア・ジャパン/ヴィ・ド・フランス/エクス・アドメディア/京王百貨店/善光会/大丸松坂屋百貨店/トマト/明治安田生命/LEOC
教員、公務員、財団など 警視庁/市役所/美術館職員/美術院

これ以外にも美術館や博物館の学芸員になったり、大学院進学や海外留学をする方、などもおり、様々な進路を応援してくれます。

今の狙い目は「ゲーム・アプリのデザイナー」

近年の求人募集で非常に増えてきているのが、スマホアプリやゲームのデザインを手掛ける会社のデザイナー職。一般的にメーカーや広告制作会社では求人枠が3~4名程度ですが、大手ソーシャルゲーム会社では約30名ものデザイナーを採用するなど、枠もかなり広くなっています。

確かに、近年スマホの所持率はかなり高く、年齢を問わず多くの方が手軽なゲームを楽しんでいます。各ゲームではキャラクターや背景などデザインが発生する箇所も多く、アップデートも頻繁ですから絵の描ける社員はかなり重宝されます。今後もまだまだスマホ時代は続きますし、新しいゲームのリリースも続々と続くでしょうから、スマホアプリ関連の求人はまだまだ需要が高そうです。

企業も求める”つくる”基礎力

実はあまり知られていないようですが、美術系の職業の就職試験には、実技試験を課している会社も多いです。やはり、企業側もクリエイティビティあふれる基礎のある人材を求めているようですね。

美大生の多くは実技試験を乗りこえてきていますが、大学でサボっていたり、AOなどで実技試験がなく基礎力がない人などは就職活動でつまずいてしまうこともあります。

高校生・受験生の内に美術予備校で基礎を身につけておくことは、就職活動も有利に働くことを覚えておいてください。

卒業後にすぐに就職をしたい場合、大学在学中から就職を希望する業界でのアルバイトをし、そのまま正社員にスライドするという方法はかなり確実です。会社側からしても、採用の手間を省き、即戦力となります。

もしくは、インターンで勤務した経験があるなどの社会経験も重要な要素。一般の人から見ると、美大生は時に「個性的で協調性がない」とされることがあるので、きちんと組織の一員になった経験がある人のほうが、会社としても安心なのです。

在学中は課題で忙しいとは思いますが、アルバイトやインターンで経験を積み重ねていくことも希望業界で就職する近道だということを覚えておきましょう。

あなたの合格をサポートできる おすすめの美術予備校を徹底比較 さっそくCHECK
美大にいくには??マンガでわかる受験&合格への道 詳しくみる