美術予備校の厳選比較ガイド HOME » 夢を叶える!絵やデザインの仕事に就くには? » CGクリエイター(2D・3DCGデザイナー)になるには?

CGクリエイター(2D・3DCGデザイナー)になるには?

CGクリエイター(2D・3DCGデザイナー)の仕事内容

コンピューターグラフィックを使って、2Dや3Dのデザイン制作をするのがCGクリエイターの仕事です。ゲームやアプリ、スマートフォンの起動画面、車、建築、テレビドラマの特殊効果まで、あらゆる分野でCG技術が使われています。

CGクリエイターは専用のソフトを使用し、コンピューター上で2Dまたは3DCGを作成します。デッサン画をもとにモデリングを行い、質感をつくるデータに貼り付けて配置。視覚や光源を決めて、徐々にリアルな形状へと仕上げていきます。その後、さまざまな効果を組み入れて、動きを設定して完成です。

2DCGに比べ、3DCGの制作はよりリアルな表現を加えるため、より高いスキルが求められます。

CGクリエイター(2D・3DCGデザイナー)の年収

企業に勤める場合のCGクリエイターの平均年収は、300〜500万円です。CGクリエイターは専門性が高い職業であり、残業も多くなりがちですが、特別優遇されることもなく、他の業種と年収面ではあまり変化はありません。

ただ、CGクリエイターとしてフリーランスで働く場合は、より多くの収入を得られる可能性もあります。

CGクリエイターは高需要な職業のため、努力次第でステップアップでき、それに伴って収入もアップしていくでしょう。

CGクリエイター(2D・3DCGデザイナー)が向いている人

一つの作品を仕上げるために、毎日同じような作業を繰り返すCGクリエイターには、地道な作業をコツコツとこなせる人が向いていると言えます。また、一人で黙々と作業を続けられる人も、適性があるといえるでしょう。

ただCGクリエイターは残業が多く、特に納期直前は徹夜になることもあり、ハードな側面もあります。仕事を持続できる体力があることはもちろん、精神的に追い詰められても良い作品を作り上げられる人も、CGクリエイターに向いているでしょう。

CGクリエイター(2D・3DCGデザイナー)になるには
進路や学校選びはどうする?

CGクリエイターになるには、アニメ制作会社や映像制作会社、デザイン事務所などに就職して、その仕事に配属されるのが一般的です。

将来、企業への就職を目標としているのであれば、業務に必要なデッサン力や観察力、発想力、コミュニケーション能力を身につけるために、美大や専門学校などで学ぶのが良いでしょう。

CGクリエイター(2D・3DCGデザイナー)に必要なスキルや資格は?

CGクリエイターになるために必須の資格はありませんが、関連する資格に「CGクリエイター検定」があります。CGクリエイター検定の試験内容には、CGの基礎から制作まで含まれているため、資格を取得することでスキルの証明にもなり、就職・転職時に有利になるでしょう。

また、「Illustrator」や「Photoshop」、「Maya」「3ds Max」などのソフトは、CGクリエイターの業務に欠かせない基本ツールです。業務を円滑に進めるためにも、これらのソフトを使いこなせるようにしておくことが重要です。

美大にいくには??マンガでわかる受験&合格への道 詳しくみる
あなたの合格をサポートできる おすすめの美術予備校を徹底比較 さっそくCHECK
美大にいくには??マンガでわかる受験&合格への道 詳しくみる あなたの合格をサポートできる おすすめの美術予備校を徹底比較 さっそくCHECK
美大にいくには??マンガでわかる受験&合格への道 詳しくみる