ファッションデザイナーになるには?

ファッションデザイナーの仕事内容

さまざまなファッションアイテムを、自分のセンスや感性でデザインします。商品のデザインだけでなく、流行や市場・競合などをチェックし、顧客の購買行動・売れ行きの悪い商品情報などを多角的に分析するのも、ファッションデザイナーの仕事です。

デザインの原案や企画を考えることにはじまり、デザイン画のパターン起こし、使用する生地選び、生産ラインの確保、さらには販売戦略まで、包括的に一つの商品をデザインします。

そのため新たなファッションアイテムを生み出す能力だけでなく、いち早く流行をキャッチする能力や、売れる商品を作れる能力なども求められる仕事です。

ファッションデザイナーの年収

勤め先によって異なりますが、ファッションデザイナーの平均年収は、330〜400万円とされています。企業によっては、給料アップが狙えるインセンティブやキャリアアップ制度などを設けているところもあります。ファッションデザイナーとして企業への就職や転職を考える際には、その会社の福利厚生や制度をチェックしてみましょう。

ファッションデザイナーの中でも、高い年収が期待できるのは、フリーランスで活躍するデザイナーです。自分で立ち上げたブランドが売れ、順調に知名度が上がれば、数千万円以上の年収を手に入れることも可能です。

ファッションデザイナーに向いている人

ファッションに関心がある人はもちろん、普段から流行に敏感な人も、ファッションデザイナーに向いているといえます。また今どのような服が売れているのか、何が求められているのか、といった市場を分析できる能力も必要です。

デザイナーは一つの商品が完成するまで、さまざまな職種の人と一緒に作業をします。自分が指示を出す立場にあるため、コミュニケーション能力や交渉力、判断力、責任感なども求められるでしょう。そうした能力がある人も、ファッションデザイナーに向いていると言えます。

ファッションデザイナーになるには進路や学校選びはどうする?

ファッションに関する基本的な知識があることが大前提のため、ファッションデザインについて学べる美大や専門学校で、衣服製作の基本知識や技術、表現力、デザイン理論などを一通り学ぶのが一般的です。

大学や専門学校を卒業した後は、アパレルメーカーへ就職したり、有名デザイナーのアシスタントとして勤務したりする人が多いです。

どのようなルートでファッションデザイナーになっても、重要視されるのは“経験”です。修行期間を大切に過ごしましょう。

ファッションデザイナーに必要なスキルや資格は?

デザイン力はもちろん、情報収集力やコミュニケーション能力などのスキルが求められる仕事です。

業務上で必須とされる資格はありませんが、「ファッションデザイナー認定試験」や「服飾士認定試験」「パターンメーキング技術検定」「ファッション色彩能力検定」「カラーコーディネーター検定試験」「洋裁技術認定試験」「ファッションビジネス能力検定」などの、ファッションデザインに関連する資格を取得することでスキルの証明になり、就職や転職にも有利に働くでしょう。

美大にいくには??マンガでわかる受験&合格への道 詳しくみる
あなたの合格をサポートできる おすすめの美術予備校を徹底比較 さっそくCHECK
美大にいくには??マンガでわかる受験&合格への道 詳しくみる あなたの合格をサポートできる おすすめの美術予備校を徹底比較 さっそくCHECK
美大にいくには??マンガでわかる受験&合格への道 詳しくみる