パッケージデザイナーになるには?

パッケージデザイナーの仕事内容

飲料やお菓子、レトルト食品、電化製品、医薬品など、さまざまな商品のパッケージをデザインするのが、パッケージデザイナーの仕事です。クライアントからの要望に沿って、ターゲット層が思わず手に取りたくなるような、購買意欲をかき立てるデザインを考え、パッケージを作っていきます。

パッケージデザイナーの仕事の流れは、まずクライアントとの打ち合わせで、商品の特徴を理解し、市場調査や分析などをもとにコンセプトを設定します。その後、商品のタイトルやロゴ、イラストなどのデザイン素材を用意。紙やビニール、プラスチックなど、商品に合わせて素材を検討します。

デザインは自分だけの力で作り上げるものでは、決してありません。多くの人の印象に残りやすいデザインになるように、クライアントのチェックを受けます。デザイン案を提案する際に、何度も再考が行われることも。デザイン案の修正を重ね、完成に近づけていきます。パッケージができあがったら、商品が販売されて完了です。

販売後も今後の展開のために市場調査を行ったり、売れ行きをチェックしたり、といった業務があります。

パッケージデザイナーの年収

就職先や会社の規模によって年収は異なります。パッケージデザイナーとしての初任給は、月18〜20万円で、平均年収は210〜240万円程度です。

経験を積むごとに年収もアップしていきますが、会社に所属する限り、飛び抜けて年収が高くなることもありません。

フリーランスとして独立する場合は、年収1,000万円以上を稼いでいる人もいるようです。

また、年俸制を採用しているクリエイティブ系の企業に多いのは、残業代が出ないこと。就職先を決める際は、条件をよくチェックすることが大切です。

パッケージデザイナーが向いている人

普段からデザインや“ものづくり”へ関心があり、さまざまなものからアイデアを得られる柔軟性を持っている人は、パッケージデザイナーに向いているといえます。

日頃から消費者目線を意識することも、パッケージデザインを考える上で大切なことです。

また、クライアントや一緒に働くスタッフ、外注スタッフなどと円滑な仕事をするために、コミュニケーション能力があることも重要なポイントです。相手の意図を汲み取り、デザインに落とし込める能力も必要です。

さらに、フォントやサイズ、配色、素材感などの微調整を何度も繰り返すこともあるため、細かい作業が苦労なくできる人も、パッケージデザイナーに向いているといえるでしょう。

パッケージデザイナーになるには進路や学校選びはどうする?

パッケージデザイナーを目指す人は、グラフィックデザインが学べる美大や専門学校に進学するのが一般的です。広告代理店などの企業では、大卒を条件としているところも多く、そうした企業への就職を目指している場合は、進学先を選ぶ際に注意が必要です。

パッケージデザイナーに必要なスキルや資格は?

パッケージデザイナーとして働く際に、必須となる資格はありませんが、業務に関連する資格に、「色彩士検定」や「Illustratorクリエイター能力検定」などがあります。

学校を卒業して企業に就職する場合の採用試験では、当然ながら実力を証明できる実績がないため、資格の有無よりも、ポートフォリオ作りに力を入れると良いでしょう。

美大にいくには??マンガでわかる受験&合格への道 詳しくみる
あなたの合格をサポートできる おすすめの美術予備校を徹底比較 さっそくCHECK
美大にいくには??マンガでわかる受験&合格への道 詳しくみる あなたの合格をサポートできる おすすめの美術予備校を徹底比較 さっそくCHECK
美大にいくには??マンガでわかる受験&合格への道 詳しくみる