美大卒業後の進路とは?

美大卒業後の進路について不安がある方のお悩みに回答します。

Q.美大を卒業した後、どのような進路がある?

美大への進学を考えています。入学後に深く美術を探求できることにワクワクする一方、卒業後にどのような進路や就職先があるのか具体的なイメージが見えません…。「美大卒」という経歴が就職活動にどう影響するのかがわからず、美大への進学に不安を感じています。美大卒業後にはどのような進路の選択肢があるのかを知りたいです。

A.美大卒業後には幅広い分野で活躍するチャンスがあります!

美大受験について家族から反対される場合、よく耳にするのが「将来の就職先が少ない」というイメージ。しかし、これは「ファイン系」に対する偏ったイメージによるものです。

美大の学部・学科にはデザイン系とファイン系の2種類あります。デザイン系は工業製品やWeb媒体などに必要や「デザイン」について学びます。制作やプレゼンテーションスキルなどの即戦力となるための力を養えるでしょう。

ファイン系とは、油絵や彫刻など「純粋芸術」を極める学部です。より芸術家のイメージに近い人が集まる学科で、卒業後もアーティストとしての生活を目指す学生も少なくありません。ただし、アーティストとして成功できる学生はごくわずか。制作物によって得た収入だけでは厳しい場合も…。もちろん、ファイン系であっても自分の性格や得意分野に合った就職先が多くあります。そのため「美大=就職先がない」というわけではないのです。

実際に美大卒業生の進路を追いかけると、実に様々な分野で活躍していることがわかりました。

美大卒業生の進路先は実に様々

具体的に挙げると、イラストレーターや漫画家、絵本作家、映像作家、プロダクトデザイナー、建築家、グラフィックデザイナー、キューレーター、WEBデザイナー、ファッションデザイナー、アニメーター、インテリアデザイナー、エディトリアルデザイナー、カメラマン、美術の教師、ゲームクリエーター、CMプランナー、アートディレクター、ディスプレイコーディネーター、舞台美術、イベントプランナーなどです。実に多種多様な分野での活躍が期待できるのです。

美大出身は強み!

もちろん、これらの職業に関しては美大出身ということが必須ではありません。それでも美大出身者が活躍していることが多いです。美大出身者は学生の時から、様々な作品に触れたり、ものを作ったりする機会が一般の大学生と比較すると圧倒的に多いため、この経験が社会人になって活かされてると話しているOB・OGの話は多いもの。そして、美大出身者の多くは合格を目指して、美術予備校に通った経験がある人が多いです。美術予備校では美術系の基礎を学ぶにおいてはうってつけの場所であると、美大生の多くが口をそろえて言うほど基礎力を身につけるには最適な場です。そんな経験をしている美大卒業生だからこそ、現在の日本における様々な分野でのものづくりの場で活躍が期待されているので、様々な進路先があるのです。

美大にいくには??マンガでわかる受験&合格への道 詳しくみる
あなたの合格をサポートできる おすすめの美術予備校を徹底比較 さっそくCHECK
美大にいくには??マンガでわかる受験&合格への道 詳しくみる あなたの合格をサポートできる おすすめの美術予備校を徹底比較 さっそくCHECK
美大にいくには??マンガでわかる受験&合格への道 詳しくみる