公開日: |更新日:

アトリエアン仙川美術研究所

基礎から実践まで幅広い分野を学べるアトリエです。生徒のレベルに合わせた親切な指導と、アットホームな雰囲気が魅力となっています。

将来を具体的にイメージできる環境と指導

アトリエアン 仙川美術研究所公式サイトキャプチャ
引用元:アトリエアン 仙川美術研究所公式サイト
http://atelieranne.web.fc2.com/

学年ごとに分けられたコース

高校生の受験コースは「デザイン・工芸科」と「基礎科」の2つに分かれています。デザイン・工芸科の対象は高卒生と高校3年生であり、基礎科の対象は高校1年生と2年生です。両者はそれぞれ昼間部と夜間部が用意されており、月曜~土曜までの週6日開講しています。

高校1・2年生で基礎を学んだ後に、3年生以降でデザインや工芸の専門性のある分野を学ぶことで、着実に実力を身につけられる仕組みになっています。年間スケジュールも組まれており、夏期講習会や冬期講習会、春期講習会、入試直前講習会なども企画。それぞれの期間ごとにどこを強化するか明確にしており、期間によっては大学別に課題を出して特訓をしたり志望校別に個人カリキュラムを作成したりしています。

アットホームな雰囲気で本格的な受験対策

3歳からでも美術と関わることのできる「こども絵画教室」を設けているアトリエアン 仙川美術研究所。美大や芸大を志す生徒には「受験コース」を用意しています。アトリエアン 仙川美術研究所を立ち上げたのは東京芸術大学の卒業生である野沢氏です。野沢氏がアトリエを開く形で、子供たちに絵を指導したことが始まりでした。

いろいろな子供たちに絵を描く意事の楽しみを知ってもらいたいという願いが根底にあり、子供たちが自分で制作物を決めるスタイルを取っています。受験コースの指導は本格的であり、鉛筆のデッサンや水彩画を軸に描写力を鍛えます。少人数制であることや、昼と夜、土曜のコースに分かれているのが特徴的です。子供たちが学校生活のリズムを崩さず通えるよう配慮されています。講師陣も充実しており、野沢氏の他に在籍しているのは美大や芸大を卒業したプロばかり。中には現役の美大生もいるので、子供たちにとって将来をイメージしやすい環境が整っているといえるでしょう。

合格推移・現役合格率でNo.1の美術予備校は?

主なコースと学費

コース 授業日程 受講料

受験コース

昼間部(月~土 9:30~16:30) 238,000円
夜間部A(月~土 17:00~20:00) 138,000円

基礎コース

夜間部B(月~土 17:00~20:00) 108,000円(週6日)

※税込

※1期(4月~7月)の受講料を記載。そのほか、入会金や2期、3期の費用は公式サイトにてご確認ください。

卒業生・在校生の声

アトリエアン 仙川美術研究所の卒業生・在校生の声は見つかりませんでした。

アトリエアン 仙川美術研究所 所在地

アクセス 東京都調布市仙川町2-7-12 バロンハイツ101
(京王線「仙川駅」下車 徒歩5分)
設置科 デザイン・工芸科(高校三年生)
基礎科(高校1・2年生)
高校受験コース(中学生)

講師紹介

野沢憲二(東京芸術大卒)、佐藤薫(武蔵野美術大卒)、米田幸(武蔵野美術大卒)、芝田千絵(東京芸術大在)、河合静佳(東京造形大在)

美大にいくには??マンガでわかる受験&合格への道 詳しくみる
あなたの合格をサポートできる おすすめの美術予備校を徹底比較 さっそくCHECK
美大にいくには??マンガでわかる受験&合格への道 詳しくみる あなたの合格をサポートできる おすすめの美術予備校を徹底比較 さっそくCHECK
美大にいくには??マンガでわかる受験&合格への道 詳しくみる
       

関連ページ一覧